動画撮影をしながら息子に野球を教える

私は妻と小学3年生の娘、それから小学1年生の息子とともに暮らしています。息子は小学生になり、周りの友人たちでサッカーを始めたりする子も多く、本人もサッカーをしようと思っていたらしいのですが、ある日私と行なった野球ごっこが面白かったようで、先日はグローブまで買ったのでした。
私も小学校、中学校の頃は学校で野球を行なっていたので、息子とのキャッチボールは夢のようでした。そんなこともあって私も次第に力が入ってきて、息子にきちんと野球を教えるようになりました。
私の子供時代は、テレビでも毎日ナイター中継を行なっていて、近所の子供たちとも近所や空き地で野球を行なっていたので、ルールも自然に覚えられたのですが、今の子供たちは野球に触れる機会自体が少ないため、ルールを教えるのにも時間がかかります。
なぜ投げ、なぜ打つのか、どうしたら勝つのかも教えていますが、休みの日にはキャッチボールをし、バッティングセンターにも行くようにしています。私や妻はその様子をムービーに撮り、息子に見せているのですが、自分が投げたり打ったりする姿を動画で見ると、頭の中でのイメージが息子の中では違うようで、最初は思うようにいかないことに、困った様子でした。
しかし今は動画で動きを確認し、少しはさまになってきているようです。    

PageTop