動画を綺麗に撮るための方法

最近はスマートフォンや携帯電話を使って動画を撮る人も増えてきていますし、綺麗に撮れた動画はインターネットでアップロードすることが出来たり、電子メールやブルーレイやDVDなどのメディアで家族や友人へプレゼントする人も増えてきています。
なるべく動画は良い状態で残すことが出来ると嬉しいものなので、私は動画を撮る時には容量にゆとりをもたせて高画質で記録することが多いです。
動画の画質は低い方が容量を抑えることが出来ますが、どうしても動きが荒くなってしまったりするので、スポーツを記録したり元気に遊ぶお子様やペットを残しておきたい時には高画質で記録しておくとおすすめです。
動画を撮る時には、スマートフォンや携帯など小型のメディアが非常に便利ですが、手振れが気になる場合には手振れを防いでくれる機能のあるデジタルカメラを用意したり、三脚などカメラを固定するための道具を活用するとおすすめです。
動画は暗い場所だとフラッシュを炊くようにしたり、明るさを調整してなるべく明るく記録できるように工夫するのも効果的です。
動画はどうしても暗い場所だとノイズがちらついてしまったり、上手くとり辛いことも増えるので、明るい場所で撮影すると綺麗に撮りやすくなります。    

PageTop